fbpx
最新セミナー情報はこちら

マーケティングに必須のUGCとは?企業が活用すべき理由と活用方法を解説

近年、「UGC」と呼ばれるコンテンツが企業マーケティングの世界で注目を浴びています。UGCはユーザーがオリジナルで生成したコンテンツの総称で、活用することで企業のマーケティング精度を高めることが可能になります。

本記事ではUGCについて、概要や企業がマーケティングで活用すべき理由、活用方法など詳細を解説していきます。

 

UGCとは?【マーケティングの注目コンテンツ】

UGCとは「User Generated Content」の略称で、日本語で「ユーザー生成コンテンツ」と呼ばれます。
Web上には様々なコンテンツが存在していますが、コンテンツは大別すると「企業によって作られたもの」と「ユーザーによって作られたもの」の2つに分かれます。このうち、後者の「ユーザーによって作られたもの」をUGCと呼びます。

たとえば、InstagramやFacebookなど各種SNSの投稿、個人ブログの記事などが挙げられます。また、口コミサイトのユーザー評価やレビューも一例です。ユーザーが生成したコンテンツは基本的にすべてUGCという扱いになります。

 

UGCを企業がマーケティングに活用するべき理由

スマホが普及して、誰もが簡単にネットにアクセスできる時代になったことで、UGCは企業のマーケティングで重要な要素となってきています。活用できるかどうかで、売上が変わってくるといっても過言でありません。

UGCを企業がマーケティングに活用するべき理由として、下記の3点が挙げられます。

  • ユーザーが自社の商品を紹介・発信してくれる
  • 商品やサービスの客観的な評価が集まる
  • ユーザーからアイデアを得られる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

 

◾️ユーザーが自社の商品を紹介・発信してくれる

企業がUGCを活用すべき理由として、ユーザーが自社の商品をSNSやブログで紹介・発信してくれる点が挙げられます

特に、InstagramやTwitterなどのSNSでは投稿が一気に拡散することもあり、通常の広告・宣伝よりも効率よく商品の認知度を高められるケースがあります。

自発的にUGCを生成してくれるユーザーが増えてくれれば、究極的には広告費を限りなくゼロにすることも可能です。

 

◾️商品やサービスの客観的な評価が集まる

レビューや口コミなどのUGCを活用することで、商品・サービスの客観的な評価を集めることができます。

通常、商品やサービスの評価はアンケートや市場調査を行ってデータ収集することが多いですが、UGCを活用することでより広範なユーザーから評価を集めることが可能です。

商品・サービスの改良を行えば、より市場のニーズに合ったものを提供することができます

現在は、口コミサイトやレビューサイトの数が増えてきているので、UGCを集めるのはそこまで大変ではありません。

Amazonなど大手ECサイトからUGCを集めることも可能ですので、データを豊富に集められる点も強みの一つです。

 

◾️ユーザーからアイデアを得られる

UGCの中には、ユーザーが新しいアイデアを提供してくれているものもあります。

たとえば、「こういった機能を付けて欲しい」など具体的な提案を記載しているUGCなどが挙げられますね。

1つのUGCのアイデアを鵜呑みにするのは危険ですが、ある程度集めてから、共通の提案が合った場合は市場のニーズに合致する提案である可能性が高いです。

自社内では生まれなかったような、ユーザー視点のアイデアを集めることができます。

 

企業がUGCを効果的に活用するには?

企業がUGCを効果的に活用するためには、下記のポイントを押さえるようにしてください。

  • SNSのハッシュタグを利用する
  • 広告にUGCを反映させる
  • 自社のHP・SNSカウントにUGCを掲載するとくに

 

◾️SNSのハッシュタグを利用する

SNSのハッシュタグで自社商品・サービスの名称を入力して検索をかけると、関連投稿を効率よく表示させることができます。

UGCを生成するユーザー全員が投稿にハッシュタグをつける訳ではありませんが、ハッシュタグを使えば効率よく自社商品・サービスのUGCを見つけることが可能です。

そして、UGCのクオリティはユーザーによって千差万別です。

詳細な情報を記載しているものもあれば、簡易的な情報のみ記載しているものもあります。

なるべく情報量が充実しているUGCを収集して、情報を多く集めていくことがおすすめです。

 

◾️広告にUGCを反映させる

自社商品・サービスの広告にUGCを反映させることで、フィードの中になじみやすい広告を作ることが可能です。

UGCは一般ユーザーが生成したコンテンツですので、良い意味で洗練されていない、自然体なコンテンツとなっています。

自社商品の広告に利用することで、ユーザーに「広告である」ことを強調せずに認知させることが可能になります。

広告に活用すれば、自社で広告クリエイティブを制作する必要もありません。

広告制作の人員が不足している企業でも無理なく広告運用を行うことが可能になります。

 

◾️自社のHP・SNSアカウントにUGCを掲載する

自社のHP・SNSアカウントにUGCを記載することで、他のユーザーが生成したUGCに溶け込ませて自社のHP・SNSをアピールすることが可能です。

ユーザーに親近感を持ってもらいやすくなり、結果としてエンゲージメントの向上に繋げやすくなります。

また、自社の公式アカウントでユーザーのUGCを紹介することで、ユーザーとの親交を深めることもできます。

さらに、本サイトでは自社製品を持つ企業がInstagramの企業アカウントを運用するメリットと方法を解説しています。
合わせてこちらの記事もご一読いただけると幸いです。
Instagramを企業アカウントにするメリットとその効果的な活用方法を徹底解説!

 

UGCを活用する上で注意すべきこと

UGCを活用することで、ユーザーのリアルな評価を集めたり、ユーザーのニーズに沿った広告宣伝が可能になります。

UGCは非常に有効なマーケティング要素ですが、活用する際は下記の点に注意しなければなりません。

  • ユーザーの情報は正確か
  • 著作権を侵害していないか

 

◾️ユーザーの情報は正確か

ユーザーが投稿しているUGCの情報が正確かどうか、必ず確認するようにしましょう。

ユーザーの中には、フォロワー集めやPV数稼ぎのために虚偽の情報を掲載していることもあります。

また、商品・サービスと関りのない情報、意図的に商品・サービスの評価を下げているレビュー(根拠のない批判など)はUGCとして活用してはいけません。

ネット上の情報は玉石混交です。活用できるコンテンツであるか、慎重に判断する必要があります。

 

◾️著作権を侵害していないか

SNSや個人ブログの中には、他のユーザーのコンテンツを完全コピーしているものも少なからずあります。

著名人のコンテンツでなくても、著作権は発生します。類似したUGCが複数ある場合は注意が必要です。

どれがオリジナルのコンテンツであるかは、投稿日時を見ればある程度判断できますが、著作権侵害のUGCを誤って使用しないよう、類似コンテンツが多い場合は使用しない方が安全です。

 

UGCをマーケティングに活用し、ファン・売り上げを増やそう!

UGCをマーケティングに活用することで、ユーザーのリアルな評価を集めることができます。

UGCを使用した広告を運用すれば、商品・サービスのアピールを行うことが可能です。

SNSの発展により、今後ますますUGCの重要性は高まってくることが予想されます。

マーケティングに活用して、商品・サービスのファン・売上を増やしていきましょう。