fbpx

2021.05.01 (更新日: 2021/05/02)

インスタマーケに欠かせない「タグ付け」とは?企業アカウントで使うべき理由をご紹介


Instagramのタグ付け機能は、個人のインスタアカウントで利用されるイメージがあるかもしれませんが、企業アカウントでもマーケティングツールとして活用可能です。

本記事ではインスタのタグ付けに関して、利用手順や活用するメリットなど詳細を解説していきます。タグ付けを活用して発信していきたい方、タグ付けの行い方について知りたい方はぜひ一読してみてください。

 

Instagramの「タグ付け」とは?「メンション」との違いは?

Instagramのタグ付けとは、フィード投稿の写真・動画に登場しているインスタユーザーを紹介する機能になります。

タグ付けされたユーザーは投稿に名前が表示され、その名前をクリックすることで対象ユーザーのページに飛ぶことができます。

ユーザーを紹介するというよりも、投稿の通知をユーザーに伝えるためにタグ付けを利用するケースが企業のアカウントの場合は多いですね。
このことでユーザーに認知させることができます。

タグ付けと混同しやすいのが「メンション」と呼ばれる機能です。
メンションはフィード投稿ではなく「ストーリー」で行われるタグ付けになります。基本的な機能はフィード投稿のタグ付けと同様と考えて問題はないでしょう。

 

タグ付けのやり方

タグ付けを行う際は、投稿画面から設定を行う必要があります。

まずは画面から「人物をタグ付け」を選択します。

画面上部の検索窓に対象のアカウント名を入力します。

該当する人物を選択してタグ付けを完了させましょう。

投稿を行えば、タグ付けは完了となります。

 

【企業アカウント向け】タグ付けするメリット

タグ付けは個人アカウントのみならず、企業アカウントでも活用することができます。
企業アカウントでタグ付けを行うメリットとして下記の3点が挙げられます。

  • キャンペーンの促進が可能
  • アカウントへの訪問が増える
  • ブランド力向上が期待できる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

 

◾️キャンペーンの促進が可能

企業アカウントの投稿にタグ付けを行うことでキャンペーンの促進が可能になります。

タグ付けを行うと、タグ付けされたことを通知で相手に知らせることができます。
そのため、通常のフィード投稿よりもユーザーにキャンペーン投稿を認知させることが可能です。

ただ、ユーザーによってはキャンペーン投稿にタグ付けされることを不快に感じることもあるので、事前にタグ付けを行ってよいか確認を取りましょう。

 

◾️アカウントへの訪問が増える

投稿にタグ付けを行うことで、アカウントへの訪問数を増やすことが可能です。

タグ付けされたユーザーから見ると「なんでタグ付けされたのだろうか」と疑問に感じることが多く、タグ付けされた投稿元にアクセスするケースが多くなります。投稿内容のクオリティを高めれば、アカウントをフォローやページの再訪に繋げることもできます。

ただ、毎回の投稿にタグ付けを行うと煙たがれてしまうこともあるので、自社の推したい商品・多くの人に知ってもらいたい商品の投稿など、優先度が高い投稿に対してタグ付けを行うことをおすすめします。

 

◾️ブランド力向上が期待できる

タグ付け投稿を継続していくことで、ユーザーに自社製品のブランド・サービスを認知させることができます。

最初は知名度が低い商品・サービスでも、次第にブランド力を高めていくことが可能です。タグ付けを継続的に行って、情報を発信していくことがブランド力向上のポイントになります。

 

【勝手にタグ付けされても大丈夫!】タグを削除・非表示する方法

自身のアカウントが勝手にタグ付けされてしまったり、他のユーザーを間違ってタグ付けした際は、該当のタグを削除・非表示にできます。

どのように削除・非表示を行うのか、順に確認していきましょう。

 

◾️自分でタグを付けた投稿の場合

自分でタグ付けした投稿の場合、投稿の編集からタグ付けを削除することができます。

まず、投稿した画像を開いて右上の「」をタップしてください。

展開されたメニューから「編集」をタップします。

その後、左下にある「人物をタグ付け」をタップしてください。

対象のアカウント名をタップすると「×」表示が出てくるので、タップしましょう。
その後、「完了」をタップすればタグ付けの削除が完了します。

 

◾️相手にダグを付けられた場合

相手にタグ付けされた際に削除したい場合は、まずタグ付けされた投稿を開きます。

投稿に表示されている自身の名前をタップするとメニューが開かれますので、その中から「投稿から自分を削除」をタップしてください。
これで自分のタグ付けを削除することができます。

 

タグ付けする際の注意点

投稿にタグ付けする際は、下記の点に注意するようにしてください。

  • タグ付けする相手の許可を取る
  • 相手に通知が飛ぶことを把握しておく

 

◾️タグ付けする相手の許可を取る

タグ付けをする際は、事前に相手の許可を取るようにしましょう。

タグ付けを行うことで、タグ付けした相手が「誰と、どこにいたか」ということが公開されてしまいます。人によっては、情報が公開されることを嫌う人もいるので、無断でタグ付けをしてしまうとトラブルに発展しかねません。

無断でタグ付けは行わず、事前に許可を取ることを徹底しましょう。

 

◾️相手に通知が飛ぶことを把握しておく

投稿にタグ付けを行うと、タグ付けしたユーザーに通知が届きます。無断でタグ付けを行ったとしても、通知によって発覚してしまうケースが大半です。タグ付けの通知が飛ぶことを考慮すると、やはり事前にタグ付けの許可を得ておくことは必須ですね。

現状のインスタの設定では、タグ付けの通知を無効にすることはできません。相手にタグ付けの通知が飛ぶことを把握した上で使用するようにしましょう。

 

インスタマーケにタグ付けは最適!

インスタのマーケティングでタグ付けを活用することで、自社の投稿を効率よく広めることが可能です。タグ付けはインスタの操作に慣れていない方でも簡単に行えます。
本記事を参考にしてもらって、インスタのタグ付けを行ってみてください。

富田 竜介
株式会社ハピラフ 代表取締役 CEO
広告代理店を経て事業主を4社経験。累計160万フォロワーのグロースを経験。代理店と事業主と両面経験したからできる提案、戦略設計を武器に多くのクライアント様の支援を実現。節約チャンネル1年弱で72万フォロワー拡大。アパレルD2C立上げ2ヶ月で2,000万、コスメアカウント6ヶ月で3万フォロワー。他にも多数実績。
なぜInstagramのアカウントを運用するべき・注力すべきかが詰まった資料を無料ダウンロードできます
最新トレンドから売上に繋げるInstagramの可能性、マネタイズ事例、運用体制・工数など、SNSマーケティングにこれから本格的にに取り組もうとされているマーケティング担当者を単勝にまとめた資料です
ダウンロード
ハピラフインスタガレッジ

インスタマーケティング支援のハピラフ代表トミが、インスタの伸ばし方やインスタに関するお役立ち情報をお届けします。初心者から上級者まで全ての人に役立つ内容となっています。
インスタの実績としては、累計フォロワー100万人を獲得しました。全て立ち上げから伸ばしています。