fbpx
インスタをハピラフサロンで勉強する

インフルエンサー注目の「インスタライブ」の始め方|メリット・注意点は?

インスタライブ 始め方

ライブコマースが中国で熱を帯びていますが、その波は日本にも徐々に到達しています。

今回はマーケティング面でインフルエンサーに大注目されている「インスタライブ」についてメリットと注意点について徹底解説していきます。

インスタライブとは?

Instagram上でライブ配信を行える機能です

インスタライブの最大のメリットは、視聴しているユーザーと配信者がリアルタイムでコミュニケーションが取れることです。配信しているユーザーが「いいね」や「コメント」、「質問機能」を使うことで、今まで難しかった双方向のコミュニケーションを図ることができます。

インスタライブのマーケティングメリット

インフルエンサーの台頭により、Instagramは個人がフォローしている人の発信を楽しむものから、企業がマーケティングのために活用するツールに変わりつつあります。

特にマーケティングの側面が強いインスタライブのマーケティング的メリットとしては、以前までは一方行の配信手段(投稿・ストーリーズ)だったものが、双方向のコミュニケーションツールになったという点が挙げられます。

リアルタイムのコミュニケーションを活用し商品紹介の販売促進や、イベント等の発信などを行えるようになり、視聴者も気になる点があれば即座に質問を行え、販売における不安の解消を行える点が最大のメリットです

それではその他のメリットについても見ていきましょう。

 

◾️フォロワーとのコミュニケーションが取れる

視聴者は「コメント」や「質問」の機能を使い、気軽に質問を投げかけることができます。

質問機能を利用し配信者が答えていくことによって双方向のコミュニケーションが成立します。オンタイムで視聴できなかったユーザーは、配信者がIGTVに残すことができますので、後からでも視聴ができます。

また、Instagramのアルゴリズムの変化によって、一方向のコミュニケーションよりも、双方向でコミュニケーションを取るアカウントの方が評価が上がる仕組みとなりました。

ストーリーズの質問機能やクイズ機能などもその例で、投稿やストーリーズに対してユーザーがどれだけ反応しているかが質の良いアカウントの基準になります。

 

◾️ユーザーへの購買促進に繋がる

2019年5月現在のデータによると、Instagramは流⾏のファッション情報を調べる際に一番活用されている検索エンジンになっております。

ファッションのような流行の移り変わりが激しい業界になると、google検索の記事などでは遅かったりするケースが多いです。そのため、すぐに流行を発信することができるInstagramでインフルエンサーやモデルの情報を取り入れる人が増えてきています。

ユーザーは商品・サービスに対しリアルタイムで質問を行うことができます。
インスタライブ上でユーザーの疑問点・課題を解消することができれば、商品の購入を検討させることができますね!

 

◾️コラボ配信が可能

基本はフォロワーにしか通知がいきませんが、コラボすることで、コラボしたフォロワーにも通知が行くようになり、数多くのユーザーに認知をさせるチャンスになります。

また、フォロワーが5万人以上いるユーザーはバッジという機能を与えられ、投げ銭のような機能が実装されています。
120円 250円 610円の3種類があり、視聴者がこれを購入することによって配信者を支援できるサービスも始まっているので、今後さらにインスタライブの注目度は上がっていくと言えるでしょう。

 

インスタライブの視聴方法

ライブが開始されるとフォロワーにライブが開始した旨の通知が届きます。
鍵をかけていないアカウントであれば、フォロワー以外の視聴も可能です。

視聴方法はストーリーズの左上の画面にライブ配信を行っている画面をタップすることで視聴可能になります。

基本的にはストーリーズの見方と方法は変わりません。

 

インスタライブの配信方法

配信方法については、

①ストーリーズの画面へ
②画面したの「ライブ」を選択
③丸いボタンをタップ

この3ステップになります。

配信中に行える機能はさまざまで以下の通り。

・公開範囲の設定
基本的に全ての人に公開されます。
公開範囲を設定することで視聴できるユーザーを限定できるようになります。

・写真をシェア
自分の写真のフォルダの中から選択することができます。
右上の写真のアイコンをタップすることで選択可能です。

・マイクをオフ
マイクボタンのタップにより音声のオン・オフを切り替えることができます。

・ビデオをオフ
ビデオボタンのタップによってビデオのオン・オフを切り替えることができます。

・カメラ切り替え
サイクルボタンのタップにより、インカメの切り替えが可能になります。

配信時の状況によって使うことができますので、活用していくと良いでしょう!

 

インスタライブのアクション機能

ライブ中のアクション機能を活用することでコミュニケーションを円滑にすることができます。
配信者と視聴者に分けてご紹介していきます。

【配信者】
・ウェーブ
・コメント
・コラボしたいユーザーの招待
・バッジ設定

【視聴者】
・ハート
・コメント
・質問
・シェア
・バッジ
・コラボ参加のリクエスト

 

コメント

コメント機能は視聴者と配信者の両方が使える機能です。

視聴者は感想を書き込んだり、質問や応援している文言を書き込むのが一般的です。
コメントがユーザーとのコミュニケーションの鍵になるので、視聴者コメントを入れユーザーが答えていくことを心がけましょう。

視聴者もコメントに答えてくれるという安心感を与えることでコメントしやすい環境を作ることが大切です。

 

質問

質問機能を使うことで配信者に直接的に通知が行くようになります。
コメントであると、視聴者が多いと埋もれてしまいます。質問機能を使うことで、反応率が上がります。

また、配信者も現在どのような質問に答えているか分かるように、質問を画面に固定することができます。
途中からライブ配信に入ってくるユーザーに対して優しい機能になっています。

 

ウェーブ

配信者から視聴者に向けて行うことのできる機能になります。
ウェーブ自体に特に意味はありませんが、視聴者に対して1回だけ送ることができます。
「見ているよ」という意味で使うと良いでしょう。

 

ハート

投稿の「いいね」と同じ機能になります。ハートボタンをタップすることでハートを送るようになれます。
ライブ中に場が盛り上がった時などにを連打や長押しをすると盛り上げることができます。
配信者は誰がハートを送ったのかはわかりません。

 

インスタライブ配信の注意点

◾️個人情報漏洩に注意する

ライブ中継なので一度公開してしまった情報は取り消すことができません。

住所が分かる内容の資料など画面に映ってしまうと非常に危険です。視聴者はスクリーショットが可能なので、漏洩の恐れもあります。

自分だけではなく、他人の個人情報も含めて最大限注意するようにしましょう。

 

◾️不適切な言動は控える

SNS上に限らずですが、人を不快にする言動や、法律に触れるような言動は控えましょう。

記録も残り、視聴者が多いと問題になるケースもありますので、責任を持った行動を心がげましょう。

 

◾️配信の時間帯を工夫する

配信の時間帯はとても大切な項目になります。

投稿・インスタライブがよく見られる時間帯はずばり21時ごろです。
詳しくはこちらの記事で解説しているのでぜひご一読ください。

アカウントを伸ばすには投稿時間に注意!Instagram(インスタグラム)でいいねをたくさんもらうコツは?

 

インスタライブを使って効果的な訴求を!

販売促進にとても強いツールになりますので活用していきましょう。
より効果的な訴求をするためには、ライブ後の効果測定をを行い、仮説→検証を繰り返していくことで、より良いコンテンツを配信できるようになるでしょう。
バッジ機能も追加され、直接収益上げることも可能になりました。
今後もどんどん新しい機能が実装されていくと思いますので、今回ご紹介した機能をフル活用して、アカウント運用していくと良いでしょう!