fbpx
インスタをハピラフサロンで勉強する

Instagramショッピング機能「Shop Now」で商品を売ろう!

インスタグラム Shop Now ショッピング機能

売上に直接影響する企業や個人のSNSマーケティングは、現代社会において必要不可欠です。特にInstagramは販売戦略に貢献してくれます。

今回の記事では、そんなInstagramのショッピング機能「Shop Now」を解説!
アカウントの運用者やSNSマーケティングについて学びたい方必見の内容になっています!

 

Instagramショッピング機能「Shop Now」とは?

Instagramのショッピング機能「Shop Now」は、投稿やストーリーズにECサイトやWEBサイトにリンクを付け、自社サイトに誘導できる機能です。

ショッピング機能が追加されたことによって企業や個人がよりアカウント運用に力を入れるようになりました。
どのようなことが可能になったのか、拡張された機能は以下の通り。

・投稿
商品のタグつけが可能。
タグをタップすることで自社リンクへの誘導ページに遷移するようになる。

・ストーリーズ
画面下に遷移ボタンが表示される。
ユーザーがタップすることにより外部サイトへの誘導が行える。

・ショップ
ショップに出品することが可能。
画面下の買い物バックのボタンをタップすることでユーザーは閲覧することができます。

ショッピング機能をフル活用し、売上を伸ばして行きましょう!
次に具体的にショッピング機能の解説手順をご紹介していきます。

 

ショッピング機能「Shop Now」を始める手順

ショッピング機能を使用する際には踏まなくてはならない手順があります。
順を追ってご紹介していきます。

1.Facebookアカウントを開設する

まずは、企業・個人用のFacebookアカウントを開設しましょう。

基本ユーザーは1つのアカウントしか作れません。
しかし、Facebookページは複数アカウントで管理が可能で、複数のページを作成できます。

 

2.Instagramアカウントをビジネスアカウントに切り替える

ビジネスアカウントに変更することで「インサイト」という分析機能も使用できるようになります。
アカウント運用を大いに助けてくれる機能になりますので、こちらも活用していきましょう。

こちらの記事で具体的な切り替え方法とメリットを紹介しています。ぜひご一読ください。
Instagram(インスタグラム)を企業アカウントにするメリットとその効果的な活用方法を徹底解説!

 

3.FacebookとInstagramを紐づける

PCサイトから紐付けたいFacebookページを開き、画面右上の「設定」を開きます。

左がカテゴリのページになります。
Instagramという項目がありますのでアカウントをリンクさせる項目が出ますので、
「ユーザーネーム」「電話番号」「メールアドレス」を入力した後、パスワードを入力することでアカウンの紐付けが完了します。

 

4.Facebookに商品を登録・カタログを作成する

アカウントの紐付けが完了したら、順次商品を追加していきます。

1.Facebookページに「ショップタブ」を登録

2.設定を開きカテゴリの「テンプレートとタグ」を選択
 「ショップ」という項目が現れますので設定ボタンを押します。

3.「ショップタブを表示」をオン

4.「ショップ」の詳細設定
 3の後にホームに戻ると「ショップ」項目が追加されています。
 【コマース商品販売者契約】をよく読んでからショップの詳細設定に進みましょう!

5.商品の購入方法を選択する
 カスタマーが商品の購入を行う場所になります。
 WEBサイトがある場合はサイトに遷移させましょう!

6.商品の販売に使用するページの選択
 紐付けたページを選択します。

7.アカウント名を作成
 「アカウント名」「メールアドレス」等の項目を入力。

8.カタログを作成
 新しいカタログを作成しましょう。
 商品が多い方はカテゴリ分を活用していきましょう。

9.商品登録を行う
 商品を追加する項目がありますので選択することで
 「商品名」「商品価格」「商品概要」「購入ページのURL」を入力していきましょう。
 商品概要には他社の類似商品との比較などがあると良いでしょう。

商品の登録が終わりますと、自動的にアカウントの審査をしてくれます。
大体は数日で審査が完了しますのでゆとりを持って行うと良いでしょう。
審査完了後にInstagram上でもショッピング機能が使用できるようになります。

 

5.Instagramアカウントにカタログを登録する

アカウントの紐付けを行うことで自動的に反映されますのでまずはFacebookに登録していきましょう!

 

Instagramの投稿にショッピングタグを追加する方法

もうここまでの流れで商品の登録やカタログの設置が終わっていますので、あとは用品をタグ付けするだけとなります。投稿の際に追加したい商品を選択して、画面の好きな場所に登録しましょう。

視聴しているユーザーはタブをタップすることで、外部サイトへ簡単に移動できるようになります。
基本的には商品の写真(物撮り)または商品の着用・使用写真お投稿し、商品の位置に合わせてタグ付けを行います。

 

ショッピング機能「Shop Now」を始める際の注意点

ショッピング機能は便利ですが、事前に防げる問題は把握しておきたいものです。

要件を把握し必要以上にお客様対応に時間を取られないようにしていくことも運用のコツになります。
不備が多い会社や個人は信頼を失いかねないので注意しましょう!

 

◾️利用要件を把握しておく

熟読する必要はありませんが可能な限りポイントは押さえましょう!!

利用可能国に拠点がある。
 アジア圏内であれば中国は対象外になっています。
 日本に拠点を置く方が多いとは思いますが、日本以外であれば要確認になります。
 また、自分が購入する際には越境ECからの購入は気をつけましょう。

・無形商品は販売できない
 形のある商品だけが販売可能です。
 サービスや情報商材、講演会の座席販売などは対城外です。
 形として存在する商品を選びましょう。

利用規約に沿って運営していれば基本的に問題はありません。
内容は簡潔に分かりやすく、「ユーザーファースト」の視点を忘れないようにしましょう。

 

◾️投稿にショッピングタグをつけ過ぎない

1度の投稿にタグ付けを大量に付けることはほとんどいないと思いますが、視認性が落ちてしまいます。

タグは1投稿あたりに2~3つくらいがちょうど良いでしょう。

 

◾️投稿に一貫性を持たせる

ショッピング機能でありますが、ブランドの世界観を伝える場にもなります。
自社ブランドの特徴に沿って同一の世界観を持った投稿を行うと良いでしょう。

 

ショッピング機能「Shop Now」の効果的な販促方法

ショッピング機能は実装するだけの機能になりますので、アカウント運用者によってその効果が変化していきます。
ショッピング機能を使って販売を促進するために以下の要点を押さえましょう!!

 

◾️複数商品を組み合わせた投稿を行う

アパレルで言うならコーディネートです。
商品を使うと、どうなるのかをイメージさせる投稿にしましょう。
背景を工夫と商品との親和性が高まるでしょう。

登山靴を販売している会社であれば、登山中の写真にタグ付けすると、視聴しているユーザーは商品を認識しやすくなります。
商品のメリットなども文言として添えておくと良いでしょう。

 

◾️写真の加工は最低限にする

一般の投稿ではいくら加工しても問題ありませんが、商品が実際に掲載されるとなると、加工しすぎると購入者がイメージと違うというクレームが来る可能性があります。
できる限り素材写真で投稿しましょう。

◾️Instagramインサイトで投稿を分析する

インサイト機能での分析はアカウント運用で必須スキルになります。

使い方がわからない方はこちらの記事でご紹介いていますのでチェックしてみてください!
Instagram(インスタグラム)インサイトの見方と効果的な活用法、メリットをご紹介 !

 

Instagramで売上UPを目指そう

今回の記事では広告について言及しませんでしたが、商品の投稿でも広告に出すことができます。
広告から直接商品ページまで遷移することができるため「リーチ」「売上」の両方を獲得できる可能性があります。

広告をフル活用して成果を出すという記事も出しておりますので、合わせて読んでいただけると運用効率の上昇と実績につながるかと思います。